浪費癖病気かどうかを判断して正しい解決策を!

サイトメニュー

浪費癖を改善させよう

医者

対策を知って問題解決

浪費癖を改善させたいと考えても、やはりなにから始めれば良いのか悩みます。そういった問題を解決させるためにここでは12の対策方法を説明します。ですが、注意しなくてはいけないのが、無理に全てを実行する必要がないという事です。自分にあった対策を時間をかけて行う事で効果を発揮します。ではまず1つ目。初めに行うことは「浪費癖を自覚する」という事です。これは浪費癖を解消するために必要不可欠な条件になりますので、必ず行う事をオススメしています。自覚する事で買い物をする際に「無意識」だったものが「考えるもの」に変わります。そうする事で、即買いを止める事ができるようになります。ですが、そのままでは即買いを止めるだけで浪費癖を治す事はできません。自分自身に浪費癖があるのだという自覚を持つ事ができれば次の11個の対策も試みましょう。

浪費癖を改善させる対策法

・使ったお金を書き出す
・使うお金を減らす
・人生設計などを見直す
・趣味などの楽しみを見つける
・買い物にはメモを作る
・財布のお金を最小限にする
・クレジットカードは持ち歩かない
・買い物は誰かに相談する
・家計簿をつける
・給料が入ったら必要なお金は分ける
・部屋の整理整頓をする

継続させる事で改善できる

1つ1つの項目はとても簡単なように感じます。しかし、実際に行ってみると浪費癖を持っている人は歯止めが効かなくなる部分が出てきます。そのため、小さな事でありますが、1つ1つを長い期間続けていく事が大切なのです。また、最初にも伝えたように全ての事を同時進行で行おうとすると必ず無理をしてしまいます。それが出来なかったという罪悪感に変わってしまい、さらにストレスを作り上げてしまう原因になります。浪費癖の改善で最も悪循環を生んでしまうのがストレスになります。ストレスはそこから「不安」を作り上げてしまうため、それを埋めるために更に買い物を続けてしまうからです。しかし、その環境が整ってしまうとなかなか脱出する事は出来ません。そんな時は家族や専門医の協力を受けましょう。病気が原因で浪費癖がついてしまった場合は、きちんとした治療を受ける事で改善させる事ができます。また、依存症と同じように無理をすれば症状が更に悪くなるため、様々なサポートを利用する事で無理なく改善させる方法が一番なのです。

Copyright© 2019 浪費癖病気かどうかを判断して正しい解決策を! All Rights Reserved.