浪費癖病気かどうかを判断して正しい解決策を!

サイトメニュー

浪費癖は病気でもある

医者と看護師

浪費癖を改善させる方法

好きなものを好きなだけという考えから浪費癖がついてしまう人は多くいますが、中には借金をしてまで浪費を続けようとする事があります。そのような浪費癖病気の場合、自分自身だけでなく家族や周りも巻き込む事になります。しかし改善しようと考えても何からやればいいのか分からないと思っている人も少なくありません。実は自分自身の浪費癖を見極める事が改善の第一歩と言われています。その理由として、浪費癖は「無意識」に身に着けてしまっている可能性が高いからです。これは「ギャンブル依存症」「共依存」などと似ているものになります。「ストレスがたまっているから」「不安だから」「満たされないから」などの理由から寄り添えるものをと考えた時に買い物に走ってしまう事があります。そうなると「買い物依存症」と呼ばれる精神的な疾患に繋がります。しかし依存症と気付くまでには時間がかかってしまう事もありますし、自分自身では気付く事ができない部分もあります。浪費癖がある人の多くがその状態が「当たり前」となってしまうために、改善するという答えに辿り着く事ができないのです。そのため、どうしても家族や周りが「浪費癖」を自覚させてあげる必要があります。しかし金銭が絡む問題となると間違った伝え方をしてしまうと人間関係のトラブルにも繋がってしまいますし、何より浪費癖を更に悪化させてしまう結果を生み出してしまう恐れがあります。そのため、まずは浪費癖があると感じる相手に「自分が使ったお金」を理解させる事が大切です。これは毎日家計簿をつけている人ならば簡単かもしれませんが、いきなりやれと言われても簡単にはできません。そのため、まずは1週間や1ヶ月に1度買い物をしたレシートの内容をノートなどに書き写す事でその時自分がどれくらいのお金を出費したのかを目に見える形で知る事ができます。最初は衝撃を覚えますがこういった目に見える行動をする事で、自分自身の浪費癖を自覚するきっかけになります。また、自分で購入したもののレシートなどを管理する事で今までであれば値段を気にせずに行っていた買い物で金額の変化を認識する事ができるようになります。しかし気をつけなくてはいけないのが、これらを短期間で行うことに気を付けるべきだと言う事です。浪費癖が買い物依存症にまでなっている場合、無理に買い物を制限してしまうとその反動から状況を更に悪化させてしまう恐れがあります。まずは自分自身の浪費がどれくらいかを理解させた上で、時間をかけて改善させる事が重要です。

Copyright© 2019 浪費癖病気かどうかを判断して正しい解決策を! All Rights Reserved.